【宝塚記念】注目馬

注目馬
キセキ
前走の大阪杯はエポカドーロにハナを譲る形で2番手追走。最後の直線で内の空いたスペースをアルアインに突かれ2着の結果。勝つことはできなかったが、休み明けでも好内容のレースだった。今年はメンバー的にハナも奪えそうだし、馬場が悪くなっても問題ない。
G1で惜しいレースを続けてきているし、自分のペースでレースが出来れば勝機は十分にありそう。

リスグラシュー
前走香港のクイーンエリザベス2世Cで3着。勝つことはできなかったが、勝ったウインブライトがレーコード勝利でそこから0.1秒差と考えればかなり評価できる内容。以前はマイルで使われていた印象が強いが、中距離でも安定した成績を残している。国内G1で牡馬相手だと昨年の安田記念で8着と結果は出ていないが、今なら十分勝負できそう。

マカヒキ
前走大阪杯は、メンバー最速の上りで4着。ペースが遅かったので展開的には不利だったことを考えると内容は悪くない。
海外レースを使ってから国内での勝利はないが、2018年の札幌記念で2着。2走前の京都記念が3着。意外に時計が掛かるような条件のレースが向いているのかもしれない。

※注目馬に挙げている馬をすべて最終予想に入れるとは限りません。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました