【オークス】注目馬

 

注目馬
クロノジェネシス
前走桜花賞はスタートよく出て行ったがややかかり気味で、なだめて一度中団まで下げ最後の勝負所で外に出してという形。勝ち馬には全く届かなかったが、上り2位を記録して3着。デビューから馬券内を外したことはなく、東京コースは2勝と安定している。上りはこれまですべてのレースで2位以内で、4走前のアイビーSでは超スローペースの展開でも差し切っており2400mでも問題なさそう。

シゲルピンクダイヤ
1勝馬ながら、チューリップ賞2着から前走桜花賞も続けて2着。これまですべてマイル戦ではあるが、脚を溜めて3戦連続で上り最速をマークしている。同馬はダイワメジャー産駒だが、他の同産駒とは少し違う雰囲気があり同産駒の中でもロードヴァンドールのように長い距離でも結果を出している馬もいるため、距離適性を決めつけないほうがいいかもしれない。

シャドウディーヴァ
前走のフローラSでは、1枠だったこともあり終始内を回る競馬で最後直線で進路が狭くなり追い出しが遅れたが2着と好走。これまで、すべてのレースで中距離を使われており(1-3-1-1)の成績で、馬券に絡まなかったフラワーカップでも4着と安定している。フラワーC以外すべて東京コースで相性も良さそうで距離延長も◎。

ダノンファンタジー
前走桜花賞は1番人気に支持されたが4着。スローペースになり前目のポジションでレースを進めたが折り合いを欠いてしまい、最後の直線で伸びなかった。これまでマイル戦で活躍してきた馬だが、この世代ではトップレベルの馬。折り合って脚を溜めることができれば距離が伸びても通用するはず。

※注目馬に挙げている馬をすべて最終予想に入れるとは限りません。

スポンサーリンク
注目馬
ヤマシタの競馬メモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました